2016年11月 3日 (木)

SADに見られる予防線?

最近、自分自身のことで気になることがあります。




それは

「前にも話したことがあるかもしれないけれど」という言葉の

使用率が半端なく高いことです




何をそんなに予防線を張らなくてはいけないのか




「また、この前と同じことを話している」 と思われたくないのか・・・。




これも、他人にどう思われるのかが気になる社交不安障害の人に

表れる1つの特徴かもしれませんね (^-^;




自分よ、前にも話したことを話したって良いじゃないか



2016年9月28日 (水)

「嫌いな人がいること」は健全な心の証



「人を見たら

まず自分が相手を好きか嫌いか判定しましょう」



    ■ 『身近な人との人間関係につまづかない88の法則』 著・岩月謙司より





これは、社交不安障害の人にとってとても大切な言葉です。

社交不安障害の人に欠けていることと言えるかもしれません。





社交不安障害の人には白黒をはっきりとさせるタイプが

多いため「自分は好き嫌いの判断がしっかりできている」

考えている方もいるかと思います。




しかし、その判断は自身の生活に関わってこない人に対して

の判断になってはいないでしょうか?

例えば、テレビの中でだけ見かける有名人であったりとか・・・。




友人や知人、会社の同僚に対しても好き嫌いの判断がしっかり

できているでしょうか?


「無理に好かれようとしていませんか?」




私はあの人のことが嫌い。あの人も私のことが嫌いなくらいが

ちょうどいい。 だから、好かれる必要もない。

そう思えることが人として自然なことではないでしょうか。




「自分(あなた)を好きな人は、たとえあなたがヘマをしても

嫌いになったりしないし、ちゃんとあなたを理解してくれる

人です」



「安心してヘマをしてください


■ 『身近な人との人間関係につまづかない88の法則』 著・岩月謙司より




社交不安障害の人は、まずあなたが大好きな人のことを

大切に大切に思って接することを心がけてください。


人付き合いの原点は、大好きな人を大切にすることです

2016年8月14日 (日)

視野を広げるということ


私はよく市川海老蔵さんのブログを見ます




ブログの中で海老蔵さんがこんなことを書いていました。




「帰ってすぐ子供達に遊んでもらいます。

私が遊んでもらう事に気がついてから

心がフッと軽くなった気がする




この海老蔵さんの言葉を見たときに、とある本にこんな

ことが書いてあったことを思い出しました。




視野を広げるということは、今までマイナスに捉えていたことに
価値を見つけられるようになることである。




ブログを読めば海老蔵さんも子煩悩ぶりをうかがうことが

できますが、心のどこかでは「子供と遊んであげてる」という

気持ちもあったのでしょう。




しかし、海老蔵さんは気付いた




「私が子供に遊んでもらっている」のだと




社交不安障害の人も、不安によって恩恵を受けている

ことに1つでも気付けたら、前向きに人生を歩んでいける

ようになるはずです



2016年7月31日 (日)

きっと、加山雄三さんは病まない。



先日、加山雄三さんが「今、注目している歌手は?」という

質問に「BABYMETAL(ベビーメタル)です」と答えていました。




世間一般的な言い方をすれば、

加山雄三さんは80歳のおじいちゃんです。




なのにBABYMETAL(ベビーメタル)って・・・。




以前にも、こんなことを書いたかもしれませんが

加山雄三さんのようなこういった感覚はとても大切。




きっと曇りのない心の持ち主なんだと思います。




今、ポケモンGOが流行っていますが、きっと加山雄三さんならば

「おもしろそうですね」 と言うのではないでしょうか。




精神的に問題を抱えていると、自分の意とは反し、何につけても

否定的に反抗的に捉え過ぎてしまいます。そして、事態は悪化する

ばかり・・・




そういったときは、加山雄三さんのような現実を曇りのない心で

判断することで、軌道修正できるような気がします




自身の精神的な問題だけ直視し対応するよりも、判断を狂わせる

こだわりや執着を自分は持っていないか?と疑ってください。




「自分は持っているな」と思ったら、

加山雄三さんのような曇りのない心の持ち主を目指してみましょう




きっと曇りのない心の持ち主になれて初めて、精神的な問題の苦し

みも軽減されるのではないでしょうか




2016年7月24日 (日)

こころ、癒す場所へ

先日、千葉県長柄町にある秋元牧場に行ってきました




景色が素晴らしかったので、写真を載せたいと思います。




秋元牧場のすばらしい景色で、少しでもみなさんの心が

癒されることを願います。




Img_20160723_145626_2





Img_20160723_145156_3



Img_20160723_145141_2


Img_20160723_145520_2

千葉ではないみたいです



「みなさんは、心が落ち込んだ時、どこへ行きますか?」

2016年7月23日 (土)

煩悩は、写経の研磨剤になる。

先日、成田山新勝寺にて写経をやってきました




行く前までは「きっと、イライラするんだろうな・・・」と思って

いましたが、まったくイライラすることなく初めての写経を

経験することができました




実際、写経をやってみて感じたことは性格が出るという

ことでした




『平成二十八年』と書かなければいけないところを

私は『平成28年』と書いてしまったり、写経を書く前にやらなけ

ればいけない作法をやらなかったりと、おっちょこちょいな性格

がおもいっきり出てしまいました




しかし、こうやって今までとは違った視点から自分と向き合えた

ことは、とても貴重な経験となりました




自分には写経なんて必要ない


自分は、イライラして写経なんてやっていられない




そう思っている人ほど写経をやる意味があるのだと思います。




逆に、自分には写経が必要で、落ち着いて書くことができる

といった方には、そもそも写経は必要ないのかもしれません。




「写経なんてやっていられるか!!!」


そんな反抗心を持ちつつ写経をすることが、実は大切だったり

するのかなと思います

2016年7月10日 (日)

ストレートな言葉は心をえぐる

みなさんは『般若心経』を知っていますか?



詳しいことはわからなくても

「あの、漢字がいっぱい書いてあって唱えるやつね」

いう印象をもつ方が多いと思います。



私自身も『色即是空 空即是色』を知っているくらいです



しかし、今回、色々と調べていると、言い回しは悪いんだけれど

胸にグサッとくる現代語訳を見つけました



私が知らなかっただけで、数年前に話題になったみたいです。


ぜひ、みなさんにも知っていただきたいので紹介させていただきます。




般若心経 現代語訳


超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?

誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

もっと力を抜いて楽になるんだ。

苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ

痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。

この世は変わり行くモンだ。

苦を楽に変える事だって出来る。

汚れることもありゃ背負い込む事だってある

だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?

苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。

聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?

何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。

それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ。

辛いモノを見ないようにするのは難しい。

でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。

無理して照らそうとしなくていいのさ。

見えない事を愉しめばいいだろ。

それが生きてる実感ってヤツなんだよ。

正しく生きるのは確かに難しいかもな。

でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。

愉しんで生きる菩薩になれよ。

全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな

適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。

非情になれって言ってるんじゃねえ。

夢や空想や慈悲の心を忘れるな、

それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。

心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。

苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。

今までの前置きは全部忘れても良いぜ。

でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。

心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。



(以上)



いかがですか?



70歳近い、私の母親もこの般若心経の現代語訳を読むと

「元気が出る と言っています。



私も近いうちに成田山へ写経に行ってきたいと思っています



きっと私は邪念だらけだろうけど、心配すんな、大丈夫だ




2016年6月26日 (日)

明日こそセルフレジへ挑むぞ!!

近頃、スーパーのセルフレジが増えてきました。



店員のレジが混んでる時などはとても便利です



しかし、社交不安障害の人にとっては、このセルフレジって

使いづらかったりします。



いや、使いづらいというよりは利用しづらいと言ったほうが正しい。



「もしわからなかったらどうしよう・・・」

そんな心配が頭をよぎります



社交不安障害でない人であれば、わからなかったら店員に

聞けばいいじゃん!って思いますよね。



その意見はごもっともです。



でも、社交不安障害の人は、店員に聞かずに、レジの流れを

止めることなく、スムーズに支払いを終わらせたいのです。



途中で、セルフレジの操作がわからなくなるなど、絶対あっては

ならないことだと考える社交不安の人もいるはず



だから、操作を迷うことなく支払いを終えたときはとてつもない

優越感にひたることができます



こんなちょっとしたことで

社交不安障害の人は、1日がHAPPYになるんです

2016年6月 5日 (日)

社交不安は盛り上げ役にもなる



みなさんは、まだ誰もが知らないようなニュースをいち早く

知ったとき「早く誰かに教えた~い!!」と思いますか?




私はこれ思うんです




早く知った自分をみんなにアピールしたいんです




寝てる人をわざわざ起こしてまでも教えたいんです




この話、社交不安障害とはまったく関係のないことのように

聞こえるかもしれませんが、実は、社交不安障害が思いっきり

関係しているんじゃないかなと思っています。




人からの悪評価に不安を感じることとは逆に、

必要以上に人からの良評価を欲してしまうところがある
と思うのです。




だから、無理をして人付き合いをしてしまったり・・・




人前が苦手だからといって、社交不安障害の人がみんな

「オドオド」 「モジモジ」 するなんて思ったら大間違いです。




過剰に良評価を求めるあまりに盛り上げ役をかってしまう

社交不安障害の人もいるのです・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

2016年5月11日 (水)

不安な人は指摘されると怒る


何年も前に夢を持っている人向けの小冊子を

作ったことがあります




当時、その小冊子の出来ばえを知りたく、Kさんに

読んでいただきました。




読んだ感想は

「ん~、鈴木くん自身が悩んでいるような気がする」

言われました。




そう言われたときは、正直、何を言われているのか

よくわかりませんでした(?Д?;




そういう戸惑いと同時に

「Kさんは何もわかっていない」という思いが募(つの)りました。




しかし、今の私ならばKさんの言ったことが理解できます。

いや、Kさんの見解が正しかったと思います




ここで問題なのは、当時の私が悩んでいたとかそんなこと

ではありません。




指摘された自分を受け入れなかったことが大問題なのです。




「今まで受け入れてこなかったことを、少し受け入れてみる!」




そうすることで、今まで無数にあると思っていた悩みごとの根っこが

実は、すべて受け入れないという『拒否』から始まっていたことに

気付くはずです



«理解されると人は変わる