« 涙 | トップページ | 社交不安障害の自助グループへ »

2013年11月29日 (金)

○○が好きっ!!

相談者・・・愛知県≪女性・19歳・浪人生≫

私が大切にしたいのは自分の考えていることです。

私は政治や社会に対して関心が高く、大学でも学びたいと

考えています。

でも以前、友達とそういう話をしていたら、それを聞いていた

別の子が、後で私を悪く言うのを聞いてしまいました。

社会や政治の動きは自分と関わりがあると思うから、色んな

ことを考えていきたいし、そういう部分も自分の大きい要素だ

と思います。だから自分が否定された気がしてショックで、

それ以来、友達にそういう話をするのが怖くなってしまいました。

私を理解してくれる仲のいい友達はいますが、会話が重くなっ

て嫌がられたり、浮いたりするんじゃないかと、最近では何を

話したらいいのかさえ悩んでしまって苦しいです。

ちゃんと自分の思っていることに自信がもてたらいいのになと

思います。

回答者…ドリアン助川さん

私は酒場で、ちょっといっちゃっている風のオヤジに「ホヤ会

に入りませんか?」と誘われたことがあります。

酒のつまみとしてのホヤの地位を向上させ、ホヤの本やCD

を作るよう業界に訴えかける圧力団体だそうです。

おもしろそうなので会合に出てみると、本当にホヤづくしで

飲んでいるのが20人ほどいて、悔しいことにみんな「マジで友

達」って感じでした。

私は入会試験ホヤの口移しを拒否したために会員にはなれ

ませんでしたが、そのとき本気で思ったものです。この人たち

はこれまで寂しかったのかもしれません。

「ホヤが好きっ!!」と居酒屋でも大声では言えなかったに

違いない。しかし、誰かが勇気を出したことで、みなさん、やっと

出会えたのですね。真のホヤ友になれたのですね、と。

人生恐れてはいけないもののひとつが孤独でしょう。あまりに

大衆的なものから少し離れてみせる、という意味での個性は

創造という孤独な作業を通じてでしか生まれてこないと私は

思うのです。孤独を恐れるあまりに周囲の顔色ばかりうかが

っていては、あなたにとってのホヤ友を失う可能性があります。

政治の話であろうとウツボカズラの観察日記であろうと、あな

たが大切にしたいものを守っていく中で出会える人こそが、実

は本当に大切にすべき存在なのかもしれません。

実はみんな孤独なのです。でも、そこからすべてが生まれるの

だと思います。

◆私自身も大学時代、心理学の個人発表で、65人くらいいる

人の前で英語の教科書を破いて「こんなことを勉強しにしにき

たんじゃない!!」と壁に投げつけたことがあります。

あとに友人にこう言われました。

「てっちゃん(私のことです)、あの発表ヤバかったんだよ!」

「てっちゃんのこと危ない人だから関わらないほうがいいって

言ってた人もいたんだよ

しかし、当時の私は火照っていたので「それが何なの?」

「俺は現役生ではないし、今さら大学生活をエンジョイしに友

達を作りにきたわけじゃなし」と友人の忠告に答えました。

友人は呆れた顔をしていましたが、クラスでは女番長と言わ

れている人物で私のことを理解してくれていた中の1人だった

ので、心の中では「てっちゃんらしいか」と思ってくれていたと

思います実はそう私が強気に出れたのも個人的に喜びの

声も届いていたからです(苦笑)

「鈴木さん、おもしろかったです!!」

「教科書がもったいな~いと思っちゃいました(笑)」

事前予告していたクラスメートには「本当にやっちゃったね!」

「教科書がもったいない」という意見に対しては「気になるのそこ

なの 」と当時は思いましたが、今でも「哲夫さんの発表、今で

も心に残っています」と言われるので嬉しいですね。

私も自分の主張を本気で演じたからこそホヤ友ならぬビリ友の

存在を知ることができたのだと思います。

※ビリ友=教科書をビリビリに破いた発表を楽しんでくれた友達

今ではとてもじゃないけれどそんなことはできませんが、「やって

良かった」と本当に本当に思っています

そして、成績はというとでした 

ビリ友ばかりではなくビリ先とも出会えたことに感謝感激です

※ビリ先=教科書をビリビリに破いた発表を評価してくれた先生

みなさんにとってのホヤ友と出会うためにも「○○が好きっ!」

大声で叫んでみませんか!!!私も年齢を重ねるごとに、もっと

もっとみなさんに負けないくらい好きにこだわっていきたいです

« 涙 | トップページ | 社交不安障害の自助グループへ »