« 神風特別攻撃隊に志願した藤井一中尉と家族 | トップページ | 父娘の関係と自分への自信 »

2013年12月 9日 (月)

こうやって神経症的な人から人は離れていく

①親から「お前には価値がない」という破壊的なメッセージ

  を与えられて育つ。

②人間関係で自信がもてなくなり、いつもビクビクしている。

③「自分は好かれていない」 「自分は嫌われている」

  「自分がいないことを皆は望んでいる」と思い、生きてる

  ことそのことが負い目になる。

④強迫的に誰からも認められたいと思う。

  誰からも、好かれていないと不安になる。

⑤いつもいつもほめられることを求める。相手に犠牲的献身

  を求める。そういった欲求の激しさに、周囲の人は耐えられない。

⑥「いい加減にしなさいよ、もう付き合いきれないわ!」と言って

  みんな離れていってしまう。

『自分のうけいれ方』 著・加藤諦三

もし、あなたの周りから知人・友人が離れていってしまった時は

上記のような一連の悪循環になっていないか考えてみてください。

« 神風特別攻撃隊に志願した藤井一中尉と家族 | トップページ | 父娘の関係と自分への自信 »