« 精神科を頼る前に | トップページ | 否定してきたことに光を »

2014年1月24日 (金)

楽観的と悲観的の差

ある本にこんなことが書いていました。

「楽観的な人と悲観的な人では、自分の悩みごとをどの範囲まで

広げて考えるかが違っている」

悲観的な人がイメージする楽観的な人は「悩みなどない人」と考えがち

ですが、実はそうではなさそうです。楽観的と悲観的の差は悩みの有無

ではなく、悩みの範囲です。つまり、悩みの範囲を最小限に抑えることが

楽観的な人間になるポイントだと言えます。

「くよくよする性格を治そうと思いつつ、くよくよしてもいいのである」という

言葉からも、くよくよの幅が大きくなければ大いにくよくよしてもいいのです。

同じ『くよくよする』にしても、できるだけくよくよの幅を狭くするクセをつけて

いきましょう  

◆知識より経験を大切にする

社交不安障害専門相談所 相談屋ジャッジ   http://www.soudanjudge.net

« 精神科を頼る前に | トップページ | 否定してきたことに光を »