« 本当に最悪な事態は起こる? | トップページ | こんな嘘、つけますか? »

2014年1月27日 (月)

怒りのコントロール

「何でそんなことでムキになるの?」と言われたことはありますか?

後になって「何であんなことでムキになったのだろう?」と思ったことは

ありますか?ε( ̄ヘ ̄)

社交不安障害の人には、どうでもいいようなことで怒り出す場合があります。

昨日、私は両親にあるラジオ番組をオススメしました。

「○○という番組おもしろいから聴いてみな!」と。

帰宅後にそのラジオ番組の感想を聞いてみたところ「まったくおもしろくないね」

と言われてしまいました

私が20代の時ならば両親の「おもしろくない」という言葉に過剰に反応して

「あの番組をおもしろくないなんておかしいんじゃないの!?」 と両親の人格

否定のようなことを言い始めていたと思います

さすがに30代後半になった今の私はそのようなことは言いません。

そんなことで「イラッ」 とする自分がおかしいということに気付いたからです。

本音を言えば、まだ余計な一言を言いたい気持ちはあります

しかし、「今、そんなことを言う時じゃないだろ」 と自分に言い聞かせます。

自分を正当化したいだけのどうでもいい怒りをコントロールすることができる

ようになりました。

過保護で社交不安障害になった人よりも、親に高圧的に押さえつけられて育

てられた社交不安障害の人にこういったことは多いように思えます。

ちょっとしたことで「イラッ」とした時は、一瞬の過剰反応ではなく「今、本当に

怒るべき時か?」を考える癖をつける必要があると思います。

そう考えることによって、ほとんどの怒りの原因は外からではなく自分の内から

発生していることだと気付かされます

心理学より実体験からのアドバイスを大切にしています

  http://www.soudanjudge.net

『相談屋 ジャッジ』は千葉にある社交不安障害専門相談所です。行動するには逃げ場を

つくることも大切です。ただ行動することばかり考えていては足がすくんでしまいます。

« 本当に最悪な事態は起こる? | トップページ | こんな嘘、つけますか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当に最悪な事態は起こる? | トップページ | こんな嘘、つけますか? »