« 仕事が続かない理由 | トップページ | 心の感度の高い人 »

2014年2月 9日 (日)

Aさんの非常識はBさんの常識

私にはとても気遣いのできる友人がいます

「そこまで気を遣って疲れないかな?」と心配になることもしばしば

しかし、そんな友人も数年前に8年くらい働いていた会社では

・飲み会には参加しない。(断り続けていたら誘われなくなった)

・社員旅行も何かしら理由つけて一度も行ったことがない。

・社内では話しかけられない限り、こっちからは業務連絡以外は話さない。

のようなことをしていたらしいです。

働いていた当時、こっちの方が心配になり「そんな感じで大丈夫なの?」

聞くと「大丈夫ですよ」とケロッとした様子w(゚o゚)w

しかし、友人は元々はそうではなかったらしい。昔は周囲の人に気を遣って

いたようですが、そんな友人が変わるきっかけがあったのです。

そのきっかけを機に「自分の好きな人以外はどうだっていい」と考えるように

なり、好きな人の幸せだけを望むようになり開き直ったそうです

社交不安障害の人にとって必要なことは、私の友人のような考え方を知る

ことだと思います。そして、そういった考えの持ち主と関わることです

その関わりを通じて、社交不安障害の人の「●●しなければいけない」と

いうハードルが低くなるのも珍しいことではありません

« 仕事が続かない理由 | トップページ | 心の感度の高い人 »