« Aさんの非常識はBさんの常識 | トップページ | 精神の不調と体の不調 »

2014年2月11日 (火)

心の感度の高い人

___14

今日はオススメの本を紹介します

『無神経な人に傷付けられない88の方法』 著者/岩月謙司

~「心の感度」の高い人ほど人間関係に悩む~

「何だか人に理解されない・・・」「みんなと同じことで楽しめない・・・」

一度でもそういったことで悩んだことのある人には必見の本です

社交不安障害の人も、幼い頃から周囲の反応に敏感な習慣が身に付

いてしまい、知らず知らずのうちに心の感度の高い人になっている可

能性があるのでオススメです。

でも、心の感度が高い人ってどんな人??って思いますよね

この本では心の感度の高い人をこう表しています。

もし、あなたが、過去、理解されるよりも誤解されることが多かったら、

あるいは、人から自分に向けられた見下しの心を敏感に感じ取って

傷ついた経験が多かったら、自分は心の感度が高い人だと思った

ほうがいいでしょう。

加えて、なぜ心の感度が高い人が人間関係がうまくいかないのかを、

こう解説してくれています。

心の感度の高い人は、心や愛や人生などに興味を示すことが多い

のですが、心の感度の普通の人は、心の話以外のことに多く興味を

示します。

心の感度の高い人は、決して孤独が好きなわけではなく、孤独を堪

しているわけではありません。共感できる人がいれば、ぜひ友達

になりたいのです。

もともと、心の感度が高い人は、人と心の交流をしたい人だからです。

人一倍、人を求めている人なのです。でも、誤解や無理解はイヤ

のです。だから、結果として対人恐怖になったり、孤独になったりする

のです。

「いかがでしょうか?」 引用した本文を少し紹介しましたが、グッと胸に

突き刺さった方もいるのではないでしょうか(´Д`υ)

この本は、心の感度の高い人は「どう生きていけばいいなか?」のかにも

触れています。

きっと、そこには新しい気付きや発見があり、あなたのこれからの生き方を

導いてくれる本だと思います    ぜひ、読んでみてください

心理学より実体験からのアドバイスを大切にしています

  http://www.soudanjudge.net

『相談屋 ジャッジ』は千葉にある社交不安障害専門相談所です。行動するには逃げ道を

つくることも大切です。ただ行動することばかり考えていては足がすくんでしまいます。

社交不安障害改善の糸口は、逃げ道を作りながら行動することです。

« Aさんの非常識はBさんの常識 | トップページ | 精神の不調と体の不調 »