« できるだけ避けたい結婚相手のタイプ | トップページ | 決め付けフィルターを捨てよう »

2014年2月15日 (土)

美容院・歯医者が苦手

不安障害の人は、理容・美容院や歯医者に行くのが苦手な傾向

にあります。数年前に新聞で読んだことがあるのですが、不安障

害の人を良心的に受け入れる歯医者があるくらいです

私自身も歯科技工士の免許を持っていながら、歯医者に行くのは

あまり好きではありません 

私が子供の頃は、今のように歯科医療施設がそれほど発展して

いませんでした。唾液が垂れないように口の中に脱脂綿をいっぱい

詰められ、えずきまくっていた記憶しかありません。まるで胃カメラを

やっている苦しさでした その時のトラウマがあるのかもしれません。

最近、私が歯医者に行ったのは10年くらい前です。

虫歯の治療でしたが、まずは歯医者に慣れるために、短時間で終わ

る親知らずを抜いてもらうことにしました。歯医者もどこの歯医者でも

良いというわけではありません。入りやすい歯医者を選ぶのです。

新しくてきれいな歯医者はNGです× 

こじんまりとした、あまり混んでなさそうな歯医者がベストです

ちょうど自宅の近所に、そんな私の理想とするこじんまりとした歯医者

があり行くことにしました。中に入ってみても、すべてが私の理想とする

ちょうど良い感じの雰囲気で一安心

計画通り、初めは虫歯の治療ではなく「親知らずを抜いてください」と告

「もう抜いたんですか と尋ねてしまったくらいに短時間で終了。

私の予想とおりでした

しかし、安心しきっていた私に先生はこんなことを言ってきました。

「親知らずなんて抜いてる場合じゃないよ!!虫歯があるじゃん」と。

私は「先生、そんなことはわかってます。今日はその治療の予行練習です」

とは言えずに、半強制的に虫歯の治療の予約を取らされました。

これは少し予想外・・・

しかし、親知らずを抜くという予行練習を行ったおかげで、そこの歯医

者の雰囲気も知れたし、先生も変に気を遣わなくてもいいタイプだと

わかったおかげで、無事に虫歯の治療も終了しました

こういったことは、そんなことまったく気にしない人からすれば「??」な

話かもしれませんが、その一方で「わかる、わかる(苦笑)」と共感してく

れる人も多いと思います

« できるだけ避けたい結婚相手のタイプ | トップページ | 決め付けフィルターを捨てよう »