« どうでもいい思い込み | トップページ | 『身体の傷』と『心の傷』 »

2014年2月 5日 (水)

理解されない悲しみ

私が受ける相談の中に「人に理解されないことが悲しい」と訴える方が

います。しかし、なかなか理解されないことが現実です(ノд・。)

同じ社交不安障害同士であっても、どんなことに不安を抱くかは人それ

ぞれ。職場での人間関係に悩むAさんがいるかと思えば、人前で字を書

く時だけ緊張するBさんいます。AさんとBさんは分かり合えない可能性が

あります。同じ社交不安障害の人同士でさえそうなります

理解されないことで苦しんでいる人が1つ気付いていないことがあります。

それは、あなたの社交不安障害を理解できないという人の気持ちです。

自分のことを「理解してほしい」という気持ちが強すぎるために「理解して

くれない人の気持ち」を考えていない可能性があります。

もし、少しでも「そういった考えになっているな」と感じたときは、この言葉を

胸に留めておいてください。

「理解とは 理解されざるを 理解することなり」

きれいごとに聞こえてしまうかもしれませんが「理解とは、理解されないと

いうことを理解すること」です

« どうでもいい思い込み | トップページ | 『身体の傷』と『心の傷』 »