« 人の目が気になる | トップページ | 人の目が気になる(3) »

2014年2月19日 (水)

人の目が気になる(2)

真栄田さんはそんな母親の態度が悲しかった。

世間体を気にする母は最後まで息子の言葉を信じなかった・・・(._.)

ある日、学校から帰宅して寂しかった真栄田さんは、母が勤めるホームセン

ターに母を迎えに行っていた。

「早くお母さんに会いたい」という気持ち一心だった。


仕事が終わる母親を真栄田さんはおもちゃコーナーで時間をつぶして

いた。そんなある時、母親は真栄田さんにこう言ってきた。

「いつも、おもちゃコーナーのところにいるわよね?」

「万引きしていると誤解されるからもう来ないで!!」

「お前の知らない所にたくさんの監視カメラがあるんだよ!」

「見られていないと思ってても、全部見られているから用心しなさい!」

今でも真栄田さんは、お前の知らない所にたくさんの監視カメラがある

という言葉が忘れられない・・・。「悪いことをしてなくても、悪いことをしたと

思われるんだ」と考えるようになってしまった。

今でもコンビニに行くと万引きしているのかと思われているのではないか

と思ってしまう。そんな不安を払しょくしたくて、コンビニに行ったときは

買い物をして店員さんに何も言われず店の外に出られたら「はい、OK」と

いう疑われない練習をするのだという((+_+))


「人に見られていないと思っているところでも見られているよ」という

考えがまとわりつき、長年、真栄田さんの心にロックがかかっている。


≪続く≫

« 人の目が気になる | トップページ | 人の目が気になる(3) »