« 行動しないという選択肢 | トップページ | 「いつもありがとうございます」が苦手 »

2014年3月12日 (水)

悩む人は触りすぎる

母親が整骨院に行った時の話。

(母親) 「先生、右手首を触ると痛いんですけど、何ですかね?」

(先生) 「じゃあ、触らなければいいじゃないですか」

(母親) 「・・・」


私は母親からこの話を聞いて「その先生、やるなぁ~」と感心しました(^^)


でも、これって感心している場合ではなくて人生の教訓だったりします。


人の悩みは、ある事実に対して、それを自分の中でどう解釈するかに

よって悩みになるかならないかが決まると思っていたのですが、もしか

したらそうではないのかもしれません(>_<)


ある事実を、自分自身が触るか触らないかで、それが悩みに変わるか

変わらないかになるのではないでしょうか。つまり、触れば悩むし、触

らなければ悩まないということです。


悩みたくなければ、自分の周りで起こることを、わざわざ触らないこと!

掴(つか)まないこと! それに尽きると私は考えています(^-^)


でも、触ってしまう自分は、常に悩み多き毎日を送っています (^_^;)

それはそれで嫌いじゃないんですけどね・・・ (^_^.)


« 行動しないという選択肢 | トップページ | 「いつもありがとうございます」が苦手 »