« 「くそったれ」を愛したい愛されたい | トップページ | 「人に嫌われたかな?」と感じたとき »

2014年11月29日 (土)

遅れるにも理由がある




『待』




あなたは待つ方ですか?
それとも、待たせる方ですか?



私は、人を待たせることが苦手です




友人と待ち合わせをすれば、待ち合わせの時間の1時間前くらいには
現地に着いています。



時間通りに来ている友人を待たせていると思うと、気持ちがソワソワ
してきます



社交不安障害の人って、待ち合わせ時間に自分が遅れることが苦手
な人が多いと思うんです。



しかし、友人との待ち合わせとは違い、遅刻をコントロールする時が
あります。



そういったときの共通点は、自分が時間通りに行かなくても、さほど
問題が生じない時です 友人との個々の待ち合わせより「待たせ
ている感」がない時。



たとえば、大学に通っていた頃の定期試験



当時、私は試験時の教室に息苦しさを感じ、閉じ込められた感がありました。



だから、あまりあの空間にいたくなかったんです



そこで、私はなるべくあの空間に縛られなくていい方法を考えました。



私の通った大学は、試験時は20分の遅刻が許され、試験開始後30
分後に退出が許されていました。



だとすると、試験開始後20分ギリギリくらいに入室すれば、教室に
縛られる時間は10分くらいでOKということになります。



試験が始まり静まりかえった教室に入る恥ずかしさは多少ありまし
たが、退出が許される30分もの間、教室内でじっとしていることと比
べれば大したことはありません。



だから、私はしょっちゅう、試験には遅刻していました



友人に「なんでいつも遅れて入ってくるの?」と聞かれたときは、
こう答えればいいんです。



「時間ギリギリまで勉強したいんだよ」




■社交不安障害の人が時間に遅れるときには必ず理由があります。



私の相談所に来る方の中にも、遅れてくる方がいます。
しかし、どんな手段であれ、事前に連絡をくれれば良いと思っています。



社交不安障害の人にとっては「遅れます」の一言を連絡することでさえ
本人にとっては想像以上にストレスなんです



そのストレスから逃げなかったことだけでも褒めてあげたい気持ちです






« 「くそったれ」を愛したい愛されたい | トップページ | 「人に嫌われたかな?」と感じたとき »