« 弱点を武器に変えた世界最高職人! | トップページ | 友達ができない・・・。 »

2014年11月 9日 (日)

あなたは「心の感度」が高い人??

『無神経な人に傷つけられない88の方法』



この本は、自分の性格や人間関係に悩む人に人気があります



「みなさんは、読んだことがあるでしょうか??」



読んだことがないという人は、是非、読んでみて欲しいと思います。



読んで頂ければ分かるのですが、この本にはよく心の感度が高い人
いう言葉が出てきます。



心の感度が高い人がこの本を読むと、これまで自分の性格に対しての
疑問点が明らかにされ、心が「すぅー」と軽くなるのが実感できます



では、心の感度が高い人にはどんな特徴があるのでしょうか?



著者である岩月謙司氏は、この本の中でこう説明しています。




・たくさんの愛を貯め込められる代わりに、たくさんの怒りをも貯め込められる
能力がある。


・気遣いのない人(無神経な人)に会っただけでも傷つく。



・傷つきやすいため、傷つくのを避ける行動が多くなる。


・心の感度の低い人から「神経質」「弱い」「変な人」「わがまま」「甘い」と解釈さ
  れてしまう。


・心や愛や人生などに興味を示す。


・人と心の交流がしたいから、人一倍、人を求める。
でも誤解や無理解はイヤなのです。だから、結果として対人恐怖になったり
孤独になったりする。


・大量の情報に反応するために、それに比例して大きな感情が沸き起こる。


・人が読み取れないような深部または細部まで読み取りますので、人と一緒
にいると、普通の人以上にイライラさせられたり、人一倍元気になる。


・歴史の年号のように、面白くもなんともないと感じたものに対しては
「なんで、こんなちっとも面白くないことを覚えなきゃいけないんで!」と
人一倍大きな抵抗を感じる。


・少数派であるため、気の合う仲間を見つけるのが困難。


・愛や知恵を本音にしないと生きていけない。


・「くだらない本ほどよく売れる」と感じている。





いかがでしょうか??


紹介した文は、ほんの一部ですが「自分のことを言われているような気
がする」と感じた人はもしかしたら心の感度が高い人かもしれません。


そんな心の感度の高い人に向けて岩月謙司氏はこう言っています。



間違っても世間にウケようなどとしてはいけない。

自分の美学は世間には認められないものだと諦めてしまった
ほうが賢明です。

認められたらラッキーと思って生きることです。

むしろ、自分独自の価値観を構築し、その中で生きることです。

結婚相手も同様で、自分の価値観に同意してくれる人を探す
ことです。

そして我が家を聖域にすることです

« 弱点を武器に変えた世界最高職人! | トップページ | 友達ができない・・・。 »