« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月24日 (木)

私の鬼門。


まただ・・・




私の鬼門である胃痛




私の体調は胃の調子の良し悪しで決まるといっても過言では

ないのです。




たとえ精神状態が不安定になっても、胃の調子が悪くなければ

私の体調に乱れは起こりません。




しかし、胃の調子が悪くなるとすべてのことを悲観的に考え始めて

しまうのです




そんなことも影響してか、数年前は2~3週間の間に体重が7キロも

減ってしまうくらいのストレスを受けてしまいました




「心の相談を受けている人がどうして?」と考える方がいるかもしれま

せんが、そこは関係ないのかなと思います。




離婚カウンセラーでありながら自分が離婚してしまった岡野あつこさん、

心理学者でありながら離婚後に意気消沈してなのか不思議な行動を

していたらしい植木理恵さん、ガンの専門医でありながら自分がガンに

なってしまうことだってあるわけですから




言い訳じみたことを書いてしまいましたが、所詮、肩書きで覆(おお)って

いるだけでみんな同じ人間です。




さて、これからネットでストレスで胃痛に苦しむ人のブログを検索して

落ち込んだ自分をなぐさめたいと思います(^-^;




そして胃痛の神薬『ガスター10』を服用してから、今夜も眠りに

就くとします

2016年3月19日 (土)

人付き合いの基本

「俺、会社の社長に嫌われてるんだよ。

何かあると俺に注意してくるし。俺に関係ないことでも」


そう、話す知人に私はこう聞きました。

「大丈夫なんですか?」


すると知人は

「俺も嫌いだから大丈夫」と。

その知人の言葉を聞いたとき、私の心の中に忘れ

かけていた気持ちがよみがえってきました。


自分もそうだった。

どうでもいい人や嫌いな人になんてどう思われても

構わなかった


気にくわないことがあると食って掛かっていたくらい


でも、年齢を重ねるごとに必要以上に人に気を使う

自分がいました


ここ何年か、人付き合いに疲れる原因がわかった

ような気がします。


嫌いな人の長所なんて探して好きになる必要なんて

ないんです。


好きな人は好き、嫌いな人は嫌いでいい。


それがいちばん人間らしい

2016年3月13日 (日)

優しいってステキです

Dcim0002


音野大志・せいら夫妻の優しい顔、ステキです


でも、本当はせいらさん、結婚には後ろ向きな考えでした。


せいらさんが幼少の頃、両親はいつも喧嘩ばっかり。


罵声に怯える中、3人の妹を守ってきました。


でも、そんなせいらさんの心は傷付きました。


結婚に対する不安がせいらさんの心に根付いてしまいました。


「結婚なんて・・・」


そんなせいらさんの心をほぐしたのは優しい大志さん。


大志さんといることで、せいらさんの不安は優しさに変わりました。


優しいお二人って素敵です

■ザ・ノンフィクション(フジテレビ)より

    

続きを読む "優しいってステキです" »

2016年3月 8日 (火)

焼肉は鬱を救えない



周囲の人間に「元気がないから焼肉に行こう」などと励ましを

受けても、ユースケは「理解してくれない」と感じ、自宅で寝て

過ごす時間が増えたという





これは、ユースケサンタマリアさんが8年間の間苦しんだうつ病

当時の話。




「元気がないから焼肉に行こう」

心配してくれているのはわかるのですが、この言葉はうつ病の人

にはまったく響かないどころか「この人には何を話しても無理・・・」

落胆させてしまうほどダメな言葉なんです




正直言って、1発退場の言葉です




そんなときに、もし自分がうつ病になったら・・・と考えるとき

があります。




みなさんは、もしうつ病になったら周囲の人にどんなことを

望みますか?




もちろん、焼肉ではないですよね




私ならば、こう思います。




何も言わなくていい、ただ同じ屋根の下で生活音を出してほしい






2016年3月 5日 (土)

社交不安障害は押しが弱い・・・



「なんで、こうも社交不安障害者は、すぐに自分が引き下がるんだろう・・・」





みなさんは、そう思ったことがありませんか?




例えば、学校や仕事で自分の持ち物と同じものを使っている人がいたとき

急いで自分のものを隠してしまったり、まったく同じ服を着ている人がいたら

その場ですぐに脱ぎたいくらいの気持ちになります




「この人と同じものを使っていると思われたくない!!」

そう思うからではなく、相手に同じものを使っていることによって不快な思い

にさせてはいけないと考えてしまうように思います。




だから

「ここは自分が使わないようにすればいい!」

「相手には思う存分、そのおそろいのアイテムを使って欲しい!!!」


変な気を遣います




『引き下がり癖(?)』

これも、何%かの社交不安障害の人に見られる特徴ではないでしょうか




P.S. 4月、社員食堂のあなたのいつものお決まりの席に、何も知らない

新入社員が座っているかもしれません。


引き下がり癖を受け入れて、その新入社員に席を譲りますか?

それとも、引き下がり癖とおさらばしますか?

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »