« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

きっと、加山雄三さんは病まない。



先日、加山雄三さんが「今、注目している歌手は?」という

質問に「BABYMETAL(ベビーメタル)です」と答えていました。




世間一般的な言い方をすれば、

加山雄三さんは80歳のおじいちゃんです。




なのにBABYMETAL(ベビーメタル)って・・・。




以前にも、こんなことを書いたかもしれませんが

加山雄三さんのようなこういった感覚はとても大切。




きっと曇りのない心の持ち主なんだと思います。




今、ポケモンGOが流行っていますが、きっと加山雄三さんならば

「おもしろそうですね」 と言うのではないでしょうか。




精神的に問題を抱えていると、自分の意とは反し、何につけても

否定的に反抗的に捉え過ぎてしまいます。そして、事態は悪化する

ばかり・・・




そういったときは、加山雄三さんのような現実を曇りのない心で

判断することで、軌道修正できるような気がします




自身の精神的な問題だけ直視し対応するよりも、判断を狂わせる

こだわりや執着を自分は持っていないか?と疑ってください。




「自分は持っているな」と思ったら、

加山雄三さんのような曇りのない心の持ち主を目指してみましょう




きっと曇りのない心の持ち主になれて初めて、精神的な問題の苦し

みも軽減されるのではないでしょうか




2016年7月24日 (日)

こころ、癒す場所へ

先日、千葉県長柄町にある秋元牧場に行ってきました




景色が素晴らしかったので、写真を載せたいと思います。




秋元牧場のすばらしい景色で、少しでもみなさんの心が

癒されることを願います。




Img_20160723_145626_2





Img_20160723_145156_3



Img_20160723_145141_2


Img_20160723_145520_2

千葉ではないみたいです



「みなさんは、心が落ち込んだ時、どこへ行きますか?」

2016年7月23日 (土)

煩悩は、写経の研磨剤になる。

先日、成田山新勝寺にて写経をやってきました




行く前までは「きっと、イライラするんだろうな・・・」と思って

いましたが、まったくイライラすることなく初めての写経を

経験することができました




実際、写経をやってみて感じたことは性格が出るという

ことでした




『平成二十八年』と書かなければいけないところを

私は『平成28年』と書いてしまったり、写経を書く前にやらなけ

ればいけない作法をやらなかったりと、おっちょこちょいな性格

がおもいっきり出てしまいました




しかし、こうやって今までとは違った視点から自分と向き合えた

ことは、とても貴重な経験となりました




自分には写経なんて必要ない


自分は、イライラして写経なんてやっていられない




そう思っている人ほど写経をやる意味があるのだと思います。




逆に、自分には写経が必要で、落ち着いて書くことができる

といった方には、そもそも写経は必要ないのかもしれません。




「写経なんてやっていられるか!!!」


そんな反抗心を持ちつつ写経をすることが、実は大切だったり

するのかなと思います

2016年7月10日 (日)

ストレートな言葉は心をえぐる

みなさんは『般若心経』を知っていますか?



詳しいことはわからなくても

「あの、漢字がいっぱい書いてあって唱えるやつね」

いう印象をもつ方が多いと思います。



私自身も『色即是空 空即是色』を知っているくらいです



しかし、今回、色々と調べていると、言い回しは悪いんだけれど

胸にグサッとくる現代語訳を見つけました



私が知らなかっただけで、数年前に話題になったみたいです。


ぜひ、みなさんにも知っていただきたいので紹介させていただきます。




般若心経 現代語訳


超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?

誰でも幸せに生きる方法のヒントだ

もっと力を抜いて楽になるんだ。

苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ

痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。

この世は変わり行くモンだ。

苦を楽に変える事だって出来る。

汚れることもありゃ背負い込む事だってある

だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?

苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。

聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?

何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。

それが『無』ってやつさ。

生きてりゃ色々あるさ。

辛いモノを見ないようにするのは難しい。

でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。

無理して照らそうとしなくていいのさ。

見えない事を愉しめばいいだろ。

それが生きてる実感ってヤツなんだよ。

正しく生きるのは確かに難しいかもな。

でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。

愉しんで生きる菩薩になれよ。

全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな

適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。

非情になれって言ってるんじゃねえ。

夢や空想や慈悲の心を忘れるな、

それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。

心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。

苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。

今までの前置きは全部忘れても良いぜ。

でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。

心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。



(以上)



いかがですか?



70歳近い、私の母親もこの般若心経の現代語訳を読むと

「元気が出る と言っています。



私も近いうちに成田山へ写経に行ってきたいと思っています



きっと私は邪念だらけだろうけど、心配すんな、大丈夫だ




« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »