2016年1月21日 (木)

芥川賞・本谷有希子さんとのつながり


「つながり」といっても、大したつながりではありません




10年くらい前、本谷有希子さんがニッポン放送のオールナイトニッポンの

パーソナリティーをしている時に本谷有希子文学賞というコーナーが

ありました。




リスナーが考えたオリジナルショートストーリー(小説)を、原稿用紙2枚

800字以内でまとめ送るというコーナーでした




リスナーであった私は常々「本谷有希子さん、おもしろいなぁ~」と思って

いて「本谷さんに選んでもらえるような文章を書いてやる!」とやる気に

なっていました




結果は・・・、

な、なんと優秀賞に選ばれ5000円いただきました




当時は「本谷有希子のオールナイトニッポンに送った短編小説が優秀賞に

選ばれたよ!!」
と友人に話しても「本谷有希子って誰??」といった反応

でした




しかし、今では本谷さんは芥川賞作家

これから、私は本谷有希子さんの秘蔵っ子と言ってもいいのではないでしょうか

もちろん、冗談です




今回の文章は社交不安障害とはまったく関係のない内容でしたが、

無性に皆さんに話したくなりました




これは自慢話なのか何なのか分かりませんが、自慢話は人から嫌われる

要因でもあり気を付けなければいけません。




しかし、個人的にはもっともっと自慢話が社会に飛び交って良いと思っています




要は、自慢話を話しても嫌われない人間であるかどうかです。




私はそういった人間であるかどうか分かりませんが、自慢話をしたくなる

欲望を大切に大切にしていきたいものです




その他のカテゴリー